歯科医院接遇研修(東京都江戸川区)-2

開催日:2018年9月7日

言葉ひとつが自分や医院のイメージ

心にひびく内容が多くありました。
ロールプレイングをして、改めて患者様への接し方を大切にしたいと思いました。言葉1つの使い方で、患者様に伝わる印象は大きく変化するので、自分のイメージ、ひいては歯科のイメージに関わるのだと学びました。
常にどこに自分があるのか、客観的に判断し、成長していけるよう努力したい、何に対して努力していくか目標を明確にしていこうと思います。

(歯科医師 女性)

仕事を通して成長したい、と刺激を受ける研修

私は「仕事を通して成長したい」です。と蒲ヶ原先生の研修をうけるといつも刺激されます。
他のスタッフの動きなどを見ることも自分の足りない部分の気付きやきっかけになりました。患者様と対面でお話をする際は、表情などで伝えている、伝わっているという思いがあるが、電話越しの場合は、対面で話をする場合の何倍も丁寧に伝えていかなければ、トラブルを招くこともあるので、しっかりと対応できるようにシミュレーションしたいと思いました。

(歯科衛生士 女性)

日々成長していきたい

講習中もたとえ話があるのでわかりやすいです。言葉づかいについては毎回、復習にもなります。相手に、自分の誠意が伝わる言葉の選び方に気をつけたいです。
仕事をしていく上で、常に成長していかなくてはいけないので、高次元の欲求をみたしていけるように日々成長していきたいです。

(歯科衛生士 女性)

みんなで成長し続ける医院になりたい

普段なあなあになってしまう部分が、こういう機会があると身が引き締まるので今後も講習を受けたいです。常に成長し続けたいと思いました。
医院全員が、自己実現に向かって絶えず成長する欲求を持っていたらもっともっとすばらしい医院になると思いました。
正しい言葉をどんどん使っていこうと思いました。使わないと覚えないと改めて感じました。

(歯科衛生士 女性)