歯科医院接遇研修(神奈川県 藤沢)

開催日:2016年9月4日

先生との出逢いに感謝

いつどこで誰に見られてもいいように、普段から姿勢や立ち振る舞いに気をつけたいと思います。今日学んだ言葉遣い・姿勢・お辞儀・笑顔が自然とできるように、明日から意識して生活したいと思います。
関わる全ての人に感動を与えられるような医院作りを目指していきたいと思います。
先生との出逢いに感謝いたします。

(歯科医師 女性)

現状に満足せずよりよくしていく

まず、「接客」について見直す必要があると考えます。患者さんがお金を支払い、医院に利益が生まれることで成り立っているので、1分1秒を大切に考えて働くべきであると思います。その上で患者さんが求めるもの以上のことに気がつける、心を動かせるような接遇 ”おもてなし" をして、患者さんがほかの方に思わず紹介したくなるような接し方を身につけていきたいと思います。
日本一の歯医者になれるよう、1人1人が社会人として、医院のプロである事を自覚して現状に満足せず、よりよくしていく意識を持ち行動していくことが出来るよう皆で頑張っていきたい。

(歯科助手 女性)

閉鎖的になりがちだからこそ必要な研修でした

同業同士でのつきあいが多く外部からの視点が持ちにくく閉鎖的、独善的な判断になりがちなのでとても刺激になり、反省しなければならない点は多々ありました。
今後は各パート、受付、助手、歯科衛生士、歯科医師 対等に重要視してより豊かなチーム作りをしていかなければならないと痛切に感じました。社会人として本来身につけていて当然と存じましたので、医院全体で勉強していかなければならない事項であります。

(歯科医師 男性)

患者様に心地よく帰っていただきたい

今後の目標は、私を含め全てのスタッフが、接遇の意識をしっかり持ち院全体で接遇をレベルの高いもので維持していくことです。そのためにはまず、自分がきちんと実践できていなければ周りのスタッフの状態を客観的に見ることができないですし、もし間違っていた時に指摘できないので、日々意識をしっかり持ち、患者様や院に関わる全ての人々が、心地よい気持ちで来て頂き帰って頂けるようにしていきたいです。もっと勉強しなくてはと思いました。

女性)

患者様に見られている意識を持ち、心をこめて

今まで自分の技術ばかりを意識していました。
患者さんはそれぞれのプロとして歯科に来てくださっていて、私たちでは気づかない目線から歯科を見ているんだと気づかされました。どんな患者様の目線から見ても素晴らしい歯科だと思ってもらえるよう、心のこもった接遇を提供していけたらと思います。
プロとしてお金をもらって仕事をしている以上、会社の理念を理解し、しっかりとした受け答えができるよう心がけ、1つ1つの仕事を丁寧に行います。

(女性)

2018年9月
« 前  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30