接遇セミナー基本編(大阪)その2

実施日:2018年7月29日

普段の生き方が出る

普段の生き方がいざというときに出るというのも、そうだなと思っていたのを改めて聞き、そして普段のおこりうる状況を話してもらえたのがとてもわかりやすかったです。これからこの話を生かして人とどう接していくか考えてみたいと思います。
とても楽しくわかりやすく心に残るセミナーでした。時間はそんなに長くないのにとても濃い学びだったと思います。

(自営業 女性)

接遇の意味が深くて勉強になりました

接客と接遇の違い。接遇の意味が深くて学びになりました。特に、接遇は普段の生き方・あり方に繋がっている点が興味深かったです。
セミナーの内容も大変わかりやすく、受講者としても、講師としても勉強になりました。

(自営業 女性)

先生の第一印象がとても素敵でした

内容もとても充実していたのですが、教える蒲ヶ原先生の笑顔とトーン(声)の明るさ、話し方が学びとなりました。第一印象がとても素敵でした。
一流のカウンセラーを目指す上で相手が何を求めているか、今何を感じたり思ったりしているのかを考えられるように行動していきたいと思います。

(自営業 女性)

「おもてなしが日常」の心がけ

「頑張ってする」ではなく普段から当たり前に配慮する人になっていくことが接遇なのかなと思った。
毎回先生のあり方が素晴らしくてとても勉強になります。「頑張ってする」ではなく「おもてなしが日常」を心がけてみます。

(自営業 女性)

誰にでも笑顔のできる人間に

やんわりと思い続けてきたことがとても整理され、今 足りない点がわかりました。
サービス向上はあたり前!その上の接遇の部分を習慣化する。人を差別しない。誰と接していても笑顔のできる人間になりたいと思います。

(自営業 男性)

心が晴れやかになったセミナー

朝起きた瞬間からの行動が、全ての自分の行動とつながるということにハッとさせられました。普段の日常のあらゆる場面で接遇は行えるんだと、改めてこれからの自分のあり方を考えようと思います。
相手への配慮、私といる時は気持ちよく過ごしてもらえるような笑顔、話し方、仕草にしていきます。
相手を思いやろうとする方々が集まっている接遇セミナー、心が晴れやかになりました。

(自営業 女性)

日本人のおもてなしは何ごとも丁寧にすることから

笑顔と笑いは違う。笑いに逃げるコミュニケーションを取りがち。仕事に笑いは要らずコミュニケーションをとることと仕事をごっちゃにしていたので、きちっと分けることにします。
何ごとも丁寧にする。日本人としてのおもてなしはこういう面からですね。

(代表取締役 男性)

2018年9月
« 前  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30