歯科医院接遇研修(神奈川県)

開催日:2018年5月29日

身を引き締めていきます

自分が患者の立場になった時にどうされたら嬉しいか、何をされたら嫌かをよく考え、周りを見ながら行動する。受付で話し合い、そろえていきたい。一人一人の患者様に、今までよりさらにお声かけや行動を、身を引き締めなければと考えさせられました。

(歯科助手 20代 女性)

言葉遣いの基礎を身につけたい

言葉遣いは「ベースが分かっていないと臨機応変はできるようにならない」ので、基礎を身につけるように努力していきます。誤解を与えない話し方ができるように身につけていきたいです。

(歯科衛生士 20代 女性)

対応が変わると評判も変わる

患者さんの良い評判、悪い評判と、1人に対しての情報がそれぞれ対応によって大きく違うことに気づきました。患者さんに説明している時も分かりやすくし、言葉遣いの1つでも変われば評判も変わることを常に考えていきたいです。
患者さんのことを常に考えて、不安をなくすように声かけなどしていきたい。

(歯科衛生士 20代 女性)

思っても、表現しなければ伝わらない

研修に参加して気づいた点は、"表現をしなければ伝わらない"という部分です。自分の身に起こったときにそれが出来ているのか、思うだけで終わってはいないかと考えると、意外と"できています"とは言い切れないなと自分で気がついた。
目と目を合わせ対話することをすぐ実践していきたいです。手を添えるという身ぶり、手ぶりにはじまり、思っているだけでなく行動にうつす"表現する"ようにします。
また、患者様に対してだけではなく、一緒に働いているスタッフとの連携という部分でもいえることで、"報告・連絡・相談"をしっかり表現しようと思います。

(栄養士 20代 女性)

2018年6月
« 前  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30