エステサロン接遇研修(福岡)

開催日:2018年4月26日

サロンづくりにも話し方や聴き方が大切

相手の話をきいているようでいつの間にか自分が話していたり、相手の話を折ってしまったりしていたと思います。話を聴く、傾聴するというカウンセリング・クロージングの根本的な部分が間違っておりました。相手が気持ちよく、本音で話してくれるために聴き上手になれるようにいたします。できているようでできていないことを意識して、あたり前にできるようにいたします。

またサロンづくりにおいても、個々が持っている性質を考え、何をどう言葉かけしていくのか、どうしたいのかを考えた行動をとっていきます。

(店長 40代 女性)

話し方、聴き方を学びました

プライベート、仕事において自分の話す順序やジェスチャー、区切りを意識します。クロージング・断り文句に関しての対応を何回も繰り返して練習します。衝動的に動かず、考えるクセをつけます。話している人がどんなふうに思ったのか、どんなふうに感じたのか、気持ちにフォーカスして相手の話を聴きます。

(スタッフ 30代 女性)

会話のしかたを学び、今後に活かす

本日は話の聞き方、話し方で研修を受けさせて頂きましたが、普段お客様との会話中で自分の感想などもお伝えしてしまい、本当に話さなきゃいけない主旨からズレてしまうこともあったので、改善していく必要があると思いました。漢語をつい使ってしまうので、かたくるしくない言葉遣いをしていく必要があると思いました。

実際にトークワークをしてみて、相手の話し方や手ぶりなども全く変わってくることに気づきました。今回学ばせて頂いた内容を頭に入れて、失礼のない言葉遣いでお客様に対応して参ります。

(スタッフ 20代 女性)

相手の話を聴くということ

日々の業務より傾聴(相手の向こう側にたって)を意識して参ります。今まで、話を聴くことに関して「聞く」の方だったと思います。相手が心を開けるような話の聴き方、態度、雰囲気作りを考えながら、日々の業務もですが、日々の生活から癖づけていきたいと思います。

(エステティシャン 20代 女性)

2018年4月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30