歯科医院 接遇研修(大阪府)

当たり前のことを普通に

接遇の意味をかみくだいて教えていただき、ぼんやりとしていたイメージを具体化することができました。見落としがちなことですが、当たり前のことをいつも普通にすることの大切さも教わりました。
また、他のスタッフとの関わりを積極的に(特に仕事面において)とって連携し、チームとして仕事をしていかなければならないことを再認識しました。

(歯科医師 30代 女性)

ビジネスにつなげるための接遇を学びました

今まで「接遇」と聞くと、どういう風に患者様に感動を与えるか、とかの方法論しか思い浮かびませんでしたが、どうやってビジネスにつなげていくか、そのための接遇の組み立て方が今回の研修を通じてよくわかり、自分の頭で効果的な接遇を実践することができそう!と思いました。
自分の内面から変われば、きっと患者様にも「なんかこの先生は違う」と伝わっていくと思うので、そうなれるよう頑張りたいです。

(歯科医師 40代 女性)

仕事だけでなく日常でも素敵な人に

状況に応じて正しい言葉遣いができるように知識を増やし、実践できるようにしたいと思います。
仕事の場面だけではなく日常の場面でも素敵な人だと言われるように頑張ります。

(歯科衛生士 40代 女性)

接遇と接客の違いを知りました

接遇と接客の違い等、改めて知ることができました。きちんとした目的の違いや言葉の意味、使い方等が知れてとても良かったです。
人から見て気持ちのいい印象を持ってもらえるような存在になりたい。自然と誰にでも接遇できる人になる、と目標を設定しました。

(クリーンスタッフ 40代 女性)

忙しい時こそ心にゆとりを持って

私は、自分から何かをするということがなかなかできず、患者様にあいさつなど自ら積極的にはしていませんでした。
忙しい時は特に片づけることを優先しすぎるあまり、イスなども通路に置いてしまったりしていました。ふだん、何気なく使っている言葉でこんなに印象がかわることも知りませんでした。患者様に配慮をするだけでなく、スタッフにも、まずは明るく元気なあいさつを心がけ、忙しい時こそ心にゆとりを持って仕事をしていきます。

(クリーンスタッフ 30代 女性)

2018年6月
« 前  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30