歯科医院 接遇研修(岐阜県)

目的を理解することが大切

医院理念を何気なく口にしているだけで、自分の中に落とし込めていないんだなと感じました。ひとつひとつの意味を考えることで、朝礼の意味もより深くなるし、本当にやらなければいけないことも見えてきます。毎日することだからこそ、ただやるのではなく何のためにやるのかをしっかり理解しなければと思いました。
自分の意見を持って伝えることが求められているし、目標の確認をすることで、今自分がどの位置にいるのかを振り返っているのだと気づきました。

(チーフ 40代 女性)

相手を尊重し、スタッフ間の連携を図る

理念のもとに皆が集まり、同じ方向で仕事が出来ることは恵まれた環境だと思います。

相手を尊重し、プロとして(歯科医師や歯科衛生士だけでなく)対等に接していくことは、伝えるべきことを伝えないといけないということです。
他のスタッフとの連携を図り、各々の部門を尊重しながら、自身のスキルを上げる努力を行い、社会貢献へとつなげる。
皆で一緒に目指して幸せになることも社会貢献の大切な1つだと思いますので、この想いを大切にしていきたいと思います。ありがとうございました。

(歯科衛生士 40代 女性)

すべきことが明確に

医院理念を毎日何となく唱和している気がして、改めて院長の個人理念を聞いた時に、医院のことや患者様、スタッフのことを考えてくださっていると思いました。他のスタッフの意見を聞いて同じことを思っていると嬉しく感じました。自分が歯科衛生士として何ができるか、患者様や歯科医師、歯科助手、他の歯科衛生士の方と意見を出すことで、何をするべきかを明確にすることができたと思います。

(歯科衛生士 30代 女性)

朝礼の意味、自分の意見を述べることの大切さ

毎日の朝礼の必要性を改めて感じました。その中で、朝礼のあるべき意味を考え、人の前で話す、自分の意見を述べるということはとても大事なことだと思いました。


(歯科助手 50代 女性)

スタッフ全員が同じ気持ちで

理念にもとづいて話をしましたが、全員意識が高く、同じ気持ちでいることに気がつきました。


(歯科助手・受付 40代 女性)