エステサロン 接遇研修 (福岡県)

言葉は品格を表すもの

「言葉遣い」というテーマで『言葉は品格を表すもの』という文言がとても突き刺さり、この年齢になると品格がいかがなものかを問われる様に更になってきたと思います。美しい言葉を使い、今後、言葉を大切にして参ります。電話対応に対しても、しっかり振り返る事もとても重要だと感じました。また、研修後、先生から教えて頂きました、振り返る余裕のあるスタイル、生活の仕方の実践など業務に活かしていきたいと思います。

(店長 40代 女性)

言葉は正しく美しく使う

言葉遣いについて、すべて理解できておらず、間違った言葉、二重敬語やコンビニ言葉をたくさん使っていました。正しく美しく使うことは、自分にも相手にも大切だなと思いました。電話対応も含め、目標は今癖になっている言葉や無駄な言葉をなくしていくこと、コンビニ言葉を使わないことを心掛けます。

(エステティシャン 20代 女性)

言葉遣いは品格を表す

言葉遣いについて学ばせて頂き、お客様との会話、電話等で普段何気なく使っている言葉(敬語)を今一度見直していかなければと痛感致しました。言葉遣いを学び、正しい敬語を使うことで、自身の品格が表れますので、一語一語を大切にして参ります。電話対応の中で、場所の説明が完璧ではないので、再度マニュアルを見直します。

(エステティシャン 20代 女性)

人からどう見られるかを意識

電話対応の言葉遣い、組み立てに癖があり、自分で自分を困らせていることなど、ご指摘頂きました。まず、聞くべきことの流れはしっかり組み立てて、その中で必要な丁寧な言葉遣いを体に覚えさせていきます。身だしなみに関しても、人から見られてどうなのかを意識して、アドバイスいただいたことを取り入れて改善してまいります。

(エステティシャン 20代 女性)

サロン全体でスキルアップ

言葉遣いを学ばせていただきました。もっとより良い選択肢があることを気付かせて頂きました。電話は自分の事だけでなく、スタッフの話している事に耳を傾け、サロン全体でスキルアップできるように致します。

(店長 40代 女性)

2018年6月
« 前  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30