エステサロン 接遇研修 (大阪府)

学んだ事はすべて実行したい

接遇の言葉の意味から始まり、立ち居振る舞い、言葉遣い、どれも間違いばかりでした。学んだ事すべて実行したい気持ちです。言葉は発しないと自分のものにならないと思うので、言葉に出して繰り返し使ってみて、自然と正しい綺麗な敬語を使えるように頑張ります。立ち居振る舞いも、年齢にあった美しい姿を心がけ「美しい」と感じてもらえる、思ってもらえるくらいになりたいです。セミナーを受講できて本当に良かったと感じています。 (エステティシャン 40代 女性)

人を嫌な気持ちにさせない

接遇・接客について詳しく内容がわかり、これからの仕事の中でとても役に立つ研修でした。接遇の中にいる人に嫌な気持ちにさせず良い対応が出来ていないのではないかと思いました。日頃から仕事中は嫌な顔は見せず笑顔で対応しようと感じました。相手に合わせた心配りをし、クッション言葉などつかって女性らしい言葉遣いを目標に日々精進していきます。今回、蒲ヶ原先生に笑ってごまかすことをせず堂々としなさいと教えて頂きましたのでその言葉を忘れず仕事に励みます。ありがとうございました。(エステティシャン 20代 女性)

チームとして何をするのかが大切

今まで気付かなかったお話を聞き日常の私の接客や接遇、仕事の取組みの甘さを反省しました。ロールプレイングをして適切な言葉の使い方が出来ていなかった事は恥ずかしく日頃から意識しながら、業務についていきたいと思います。人間関係も良く働きやすい職場だと思いますが、仲がいいだけでなくチームとしてなにをするのか目標を達成する為には、どうすれば良いのかを話し合えるように努めていきます。自分で、出来ると決めず必ずできるという言葉が心に残りました。(エステティシャン 40代 女性)

多くの方々に愛して頂けるサロンに

なんとなく日々を過ごし“きっちりと正確にやり遂げる”ということをおざなりにしてきました。もっと日頃からトレーニングしなければいけないと思いました。お客様とは目の前の、現在のお客様だけではないということ、広くお客様になって頂ける可能性のある方をもっと増やしていくことを日々考えて対応しなければならないと思いました。もっと多くの方々に愛して頂けるサロンにしていきたいです。本当にありがとうございました。(エステティシャン 40代 女性)