気付いたら、すぐ行動

吉良歯科医院 医師 吉良 麻利茂 様

セミナーに参加して、まだまだ患者さんへのサービス精神が足りない事を再確認致しました。今までより患者さんが笑顔で帰られる事が多くなった様に感じます。先生のご指導の下もっと変わって、より良い接遇で患者さんが、より気持ちの良い受診が出来るように心がけていきたいです。サービスが足りない、イコール思いやりが足りないのだと思いました。ミーティングを始めて仕事がとてもし易くなりました。更に充実させていきたいです。

衛生士 加藤 真裕美 様

朝礼が良くなったと褒めて頂いて良かったと思います。また、朝礼の意味も改めて納得しました。自分が働く理由など意識していなかったので、次からの朝礼で本当の意味を理解して毎朝望みたいと思います。患者さんにもっと「ありがとうございます」の声掛けをしていきたいと思います。思いやり、優しさを自分で気付いて行動に移して行かなければと反省しました。

衛生士 豊田 晶子 様

患者さんを誘導時に安全確保して、親切なご案内が出来るように行っていきたい。また、お帰りの際にも誘導をして患者さんに気持ち良く退室して頂けるように心掛けていきます。言葉使いのテストでは、あまり良くできませんでした。今日、勉強したことを纏めてすらすらと口から出るように、朝礼の時に使い難い言葉や、言い慣れない言葉など皆で唱えてみるのも良いかと思います。

衛生士 関口 幸子 様

朝礼を始めて一ケ月弱経ちました。なぜ朝礼をするのか!他のスッタフに伝われば良いなと思いました。患者さんを第一に、これからも「ありがとうございます」の言葉が散りばめられる診療所になるよう進んで行っていきます。最初の接遇とセミナーの時と同じですが、日本語の使い方が難しく正確な言葉使いが出来るよう朝礼にも取り入れていきたいです。吉良歯科医院の柱となれるよう、マリモ先生、スッタフとの信頼関係をもっと築いていきます。思っているだけではなく指導・行動へと移していきます。

衛生士 池田 智恵子 様

これまで、いろいろ教えて頂き、だいぶ自分の心構えや患者さんに対しての姿勢が変わってきたと思っていました。自分が行う立場になると、「そこまでしなければならないのか?」と考えてしまいました。しかし、患者さんの予約の時間を出来るだけ無駄にすることの無いように、良い準備・スマートな動作が出来るように考えたいと思います。「患者さんの幸せのため」スタッフ同士で指摘しあい患者さんが、診療が終わり帰るときに爽やかに気持ちで帰ることが出来るような接遇を心掛けていきます。

受付 福島 樹 様

朝礼が良くなったと感じてもらえてとても嬉しかった。最初に始めてからより良く意味のあるものにしたかった。最近になり、やっと自分が思う朝礼の土台が見えたように感じます。前回のセミナーで言われて改善した所はあったが、自分達で気付いて改善できることがもっと沢山あったはずだと反省しました。受付としては、これからも「接遇」として、患者様に、より快適に通院して頂けるよう   “顔” “一番初めの窓口” として、接し方や言葉使いに日々疑問を持ち改善していきたいと思います。スタッフ間でも思いやりの心を持って「自分から伝える」ことで、チームワークを良くしていきたいです。スタッフ間との情報や意識の共有を重視していきます。私は、自分が出来ることで医院に何が必要かを考え、スタッフ間の架け橋になりたいです。院長、スタッフ、患者様をつなぐものになります。

受付 山本 雅子 様

朝礼を行うことの意味についての教えに目からウロコ!の気持ちでした。言葉使いについては、皆さん(スタッフ)と調和がとれるような言葉を発していくことの大切さや、耳にする患者さんのことも考えて発声することの重要性も勉強になりました。共通の講義を全員で受けることにより、ベースとなる理論が統一されたので、吉良歯科としての“形”を全員の意見や、使い勝手の良さや、患者さんの年令や状態に応じて上手く作り上げていきたいです。

助手 金谷 直美 様

言葉使いがまだまだ不十分で、頭ではわかっていてもいざとなるとどもってしまったり、最後まで言い切れなかったり苦戦しています。スタッフに対しても「わかってくれるであろう」「気付いてくれるであろう」自分だけがそう思っているだけでした。やはり言葉にしないと伝わらない。言われた側も気持ちよく受ける、それも思いやりであるという事を改めて感じました。

受付 増田 亀代子 様

患者様が不快な思いをせずに治療を受けて頂ければと心掛けていたつもりですが、まだまだ改善していく点が多くあることを気付かせて頂きました。患者様が安心感を持って受診出来るように、常に患者様側にたった目点で見るよう心掛けて実践します。そして、いつも明るく接していきます。スタッフ間でもお互いの立場を理解し認められるように感謝の気持ちなど言葉掛けも大切にして行こうと思います。

技工士 長谷川 直哉 様

朝礼での気持ちの持ちようを変えていかなければいけないと、気付かせて頂きました。自分も吉良歯科の一員であると自覚して朝礼を迎えたいと思います。自分の仕事に誇りを持って、これからはもっと納期に余裕を持ち自分にとっても、患者様にとっても納得のできる補綴物を作れるように心掛けて頑張っていきます。

2018年4月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30