歯科医院 接遇研修(埼玉)

投稿日:2021年6月7日

気持ちが引き締まりました

以前に教えていただいた接客と接遇の違いは大切だと、改めて感じました。仕事の中で接遇と接客の両方を考えながら行動することで、患者様にまた来院していただけると思いました。蒲ヶ原先生に診療風景を見ていただき、感想やご指摘をいただくと気持ちが引き締まります。これからもご指導、よろしくお願いいたします。

(歯科衛生士 40代 女性

意識して行動します

初心に戻って、接遇の気持ち、おもてなしの気持ちを再確認しました。何気なくしている自分の行動について深く考える時間となりました。仕事だけではなく、日々の家庭での行動やプライベートでお行動にも注意します。

(歯科衛生士 40代 女性

皆の意見を聞けて良かった

言葉遣いについては、不幸なことがあった場合の言葉がほとんど浮かんできませんでした。社会人になって、使う場面はさほど多くないかもしれないですが、知識として知っておくべきだと思いました。最近は電話対応をする場面が増えたので、実際の場合を想定して考えることができました。今日の研修ではディスカッションもあって、皆がどのような考えを持っているのかを聞くことができて良かったです。

(歯科衛生士 20代 女性

楽しく笑顔あふれる研修

毎回、研修が終わると、間違った言葉を使っていたことに気づきます。癖を直すには意識しないといけないので、常に意識をして、いつでもすぐに言葉が出てくるようになりたいと思います。蒲ヶ原先生の笑顔あふれる研修で楽しく学ぶことができました。ありがとうございました。

(歯科衛生士 20代 女性

いろいろな知識をありがとうございます

言葉遣いについては、身近で亡くなった人がいないので知らないことも多く、今回の研修でお悔みの言葉の言い回しが学べてよかったです。接客と接遇の意味を学んだので、患者様に満足していただけるような施術をしていきたいです。また、プラスαでできるようなことがあれば、いろいろな知識を取り入れていきたいです。

(歯科衛生士 20代 女性

接客と接遇の質を高めます

何気なく使っている言葉でも、患者様が来院してきた時に丁寧な言葉が使えていない時があると思うので、今日の研修で学んだ言葉を復習して、使っていきます。サービスとホスピタリティが大切だと学んだので、まずはサービス(接客)の質を高めて、ホスピタリティ(接遇)の質を高めます。

(歯科助手 20代 女性

人の心を動かすおもてなしができるように

相手に配慮した笑顔、状況に合わせた表情や声、立ち振る舞いなど、ホスピタリティを意識して患者様に寄り添い、人の心を動かすおもてなしができるようになりたいです。今までとは違う視点の言葉のテストも大変勉強になりました。何度も見返して、自分のものにして、普段から使えるようにします。

(受付 30代 女性)

もしもの時の言葉遣いを学べました

接客と接遇の違いや、第一印象について、これまでに学んだことを活かせているか、改善が必要かどうか、振り返って確認することができました。また、以前、健診を無断キャンセルした患者様にお電話をすると、患者様のご家族が出られて、患者様がお亡くなりになったことを知りました。今日の研修で学んだご不幸を耳にした時の言葉などを知っていれば、いざという時に対応できるので、勉強しておく必要があると思いました。

(歯科衛生士 20代 女性)

振り返ることの大切さを知りました

言葉遣いについては、今回は新しいテストに挑戦しましたが、以前よりもわかるようになってきて、答えあわせの時の〇も増えて嬉しかったです。以前の振返りを行ったことで、できるようになったことも、まだイマイチなところも明確になりました。意識して取り組んで改善された点もありましたが、未だに直っていないところもありました。今後は改善されていなかった部分に目を向けて、意識して取り組んでいきます。ただ、亡くなったことを想定しての対応については、全く言葉が出てこなかったので、いい勉強になり、いつもいろいろな場面を争点しながら働かなくてはいけないと思いました。

(保育士 20代 女性)

2021年6月
« 前  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30