歯科医院 接遇研修(大阪)

開催日:2018年12月13日

接遇とはおもてなし

接遇とはおもてなしということを知りました。スタッフに対しても、自分にできていないことがあったことを反省しています。挨拶や声の大きさについて、いつもスタッフに言い続けてきましたが、今回の研修によって何か変化することを楽しみにしています。毎日の診療に、今回の研修で教わったことを自ら取り入れて頑張っていきます。

(院長 50代 男性)

身につけるべきことが多くあると気づいた

人との接し方や話し方、仕事をする上での心構えなど、年齢を重ねるごとに身につけていかないといけないことが多くあるなと思いました。言葉遣いに関しても、相手を思いやること、立場に合った話し方を意識して、日々の生活の中での使い方の誤りを正していきます。

(歯科衛生士 40代 女性)

できているかどうかは相手の捉え方で決まる

接遇と接客の違いを改めて理解しまたので、今後は接遇を意識して行動します。自分ではやっているつもりで、できていると思っていても、相手の捉え方でできているかできていないかが決まるということについて考えさせられました。自分も一緒に働くスタッフも気持ちよく働けるように、また、時間のロスがないように過ごすためにも、返事や挨拶は大切なことだと感じました。電話対応や業者様への対応など、まだまだ見直さないといけないところがたくさんあると気づいたので、スタッフ全員でマニュアルを作成します。

(歯科衛生士 20代 女性)

堅苦しいイメージと違う楽しい接遇研修でした

接遇研修は堅苦しいものだというイメージを持っていましたが、今日の接遇研修は想像していたよりも楽しく学ぶことができました。普段からの言葉遣いも今日の研修で教えていただいたような会話の仕方ができるように、電話対応などでもしっかりと活かせるようにします。

(歯科衛生士 20代 女性)

人として成長できる研修でした

接遇と接客の基礎を学べて良かったです。とても中身の濃い、人として成長したいと感じる研修でした。これからは、もっと丁寧に優しく、患者様にも一緒に働くスタッフにも接したいと思います。電話の対応も蒲ケ原先生に教えていただいたように丁寧に感時の良い応対を心がけます。

(受付 50代 女性)

自分の行動が医院の印象につながる

患者様に気持ちよく帰っていただくための行動は、自分自身だけでなく医院の印象にもつながるので、きちんとしようと思いました。今日の研修を受けたスタッフだけでなく、参加できなかったスタッフにもきちんと伝え、接客や接遇がきちんとでき、環境の良い歯科について伝えていきます。

(20代 女性)

2019年12月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2019年12月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2019年12月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2019年12月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2019年12月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2019年12月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2019年12月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2019年12月
« 前  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31