月別アーカイブ 2018年12月

歯科医院接遇研修(大阪)

開催日:2018年12月13日

接遇とはおもてなし

スタッフに対しても、自分ができてないことの反省を感じます。接遇とはおもてなしということを知りました。
僕がいつも挨拶、声の大きさに対して常にスタッフに言い続けていたことが、今回の研修によって何か変化が出て来ることを楽しみに、毎日の診療に自分から今回教わったことを取り入れ頑張っていきます。

(院長 50代 男性)

できているかどうかは相手の捉え方で決まる

接遇と接客の違いを改めて理解しました。違いを理解して今後対応し、行動をとっていきます。
自分ではやっているつもり、できていると思っていても、相手の捉え方でできているかできていないかが決まるということを改めて考えさせられました。自分も相手も気持ちよく働けるように、また、時間のロスがないように有効的に過ごすためにも、返事や挨拶は大切なことだと感じました。電話対応や訪問者への対応、まだまだ見直さないといけないところがたくさんあることに気づいたので、スタッフ一同でマニュアルを作成する必要があり、作っていきます。

(歯科衛生士 20代 女性)

人として成長できる研修でした

とても中身の濃い、人として少し成長できたと感じられる研修でした。接遇、接客の基礎を学べて良かったです。
これからは、もっと丁寧に、優しく接したいと思います。
電話の対応も、先生に教えていただいたように丁寧に、感じよく応対します。1つずつ心がけていきます。

(受付 50代 女性)

身につけるべきことが多くあると気づいた

人との接し方や話し方、仕事をする上での心構え等、年齢を重ねるごとに身につけていかないといけないことが多くあるなと思いました。言葉づかいに関しても、相手を思いやること、立場に見合った話し方、日々の生活の中で普通に使い方を間違っていることがたくさんありました。

(歯科衛生士 40代 女性)

自分の行動が医院の印象につながる

相手にも気持ちよく帰っていただくための行動は、自分自身だけでなく医院の印象にもつながるので、きちんとしようと思いました。
私たちだけでなく、アルバイトスタッフにもきちんと伝え、接客や接遇がきちんとでき、いい環境で歯科の良さを伝えられたらいいなと思いました。

(20代 女性)

堅苦しいイメージと違う楽しい接遇研修でした

今日の接遇研修は、イメージとしては堅苦しいものなのかなと思っていたのですが、想像していたよりも楽しく学ぶことができました。
普段からの言葉遣いも今日教えてもらったような会話の仕方ができるように電話対応などのこともしっかり活かせるようにしていきたいです。

(歯科衛生士 20代 女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院 接遇研修(岐阜)

投稿日:2018年12月12日

スタッフの特性を見直せた

年末に行う来年の方針発表会の開催を待たず、「5年後に院長不在でも回る医院にする」という目標を発表し、みんなで確認する場となりました。

チームを見直すためのワークでは、それぞれのスタッフの特性を見直すことができたので、今後、歯科医院というチームの中でも活かしていきたいです。

(院長 50代 男性)

後輩の成長を感じました

この医院の強みを活かし、自分自身のできることを発揮していくと同時に、後輩たちの考え方が入社時よりすごく成長していると感じました。自分に求められている働きから逃げないで、5年後、自分の成長を楽しみにしたいと思います。

(DH 50代 女性)

さらなる高みを目指して

日頃の自分を振り返る良い機会になりました。今回の研修の中でチームの在り方など、すごく具体的なことを考えることができました。私も仕事をする上で、現状に満足せず、さらに高みを目指していきたいと思いました。

(DH 20代 女性)

歯をきれいにするためだけでなく

研修中のゲームを通じて学ぶこともたくさんあり、チームワークの重要性や個々の意見の出しあい等、いつも意見が出ないスタッフの声が聞けたのではないかと思いました。

歯をきれいにしてもらえる、それだけではなく私と話をしに来てくださる患者様を大切にしていきたいです。

(歯科衛生士 30代 女性)

スタッフの優しさを改めて感じました

スタッフの優しさがあってこそ、この医院は回っているのだと改めて感じました。人によって意見が違うとき、どう活かせるか、また自分の立ち位置はここでいいのか、その時々にあわせた判断ができるようにしていきたいです。

(DH 20代 女性)

医院理念を追うことが大切

皆の考えをまとめたり、行動できるように促したりなど、やれることややるべきことを、もう一度、改めて実感としてとらえることができました。また、医院理念がいかに大切かを感じることができました。やはり大切なのは理念を追うことだと感じました。

(チーフ 40代 女性)

日々、おろそかになっていたことに気づけた

歯科助手になって2年経ちますが、日々の流れをこなしていくだけで、知識としての勉強がおろそかになっていました。今は通信教育で勉強していますが、セミナーなどに参加して、患者様から信頼される助手を目指します。

(助手 40代 女性)

深い学びにつながる研修でした

患者様に対しても、伝えなければいけないことを正しく、そして丁寧で、相手を敬った言葉で伝えていくことができるように勉強していきたいです。楽しかっただけでなく、とても深い学びにつなげられる一日になりました。

(助手 20代 女性)

メイクアドバイス、ありがとうございました

面談では、随分励みになる言葉を先生に言っていただき、本当にうれしかったです。また、メイクのアドバイスもいただき、ありがとうございました。ゆっくりかもしれませんが、自分が少しでも成長できて、医院に役立てたらいいなと思っています。また、ご意見、お願いします。

(助手 50代 女性)

誰にも相談できなかったことを聞いていただきました

面談では、誰にも相談できないことにいろいろのってくださるので、毎回、お会いできることを、とても楽しみにしています。今後もたくさん相談させていただくと思いますが、よろしくお願いします。

(助手 10代 女性)

目標・目的に向かってすべきこと

目標・目的に向かって、チームで達成することの大切さ、達成するためにどうするか、どうしていかなくてはいけないかをよく考え、相談しなくてはいけないということが、改めてよくわかりました。チームだけでなく会社として達成するために自分がどうすべきかを考え直していきたいと思います。

(ライフメンター 30代 女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院 接遇研修(大阪)

投稿日:2018年12月5日

理念の追及を決意

ディスカッションをすると、自分では見えていなかったポイントが指摘されることで明確になり、他の人のことも考えることで今までより明確になりました。医院の理念である「スタッフ・患者様・医院」の3つの幸せと満足を追及していこうと決意しました。また、毎回行っていただいている「丁寧な話し言葉」が、日常的に、ようやく少しずつ出せるようになってきました。一歩ずつしか進めていませんが、先生のご指導のおかげで、医院が良い方向に進んでいることが有難いです。これからもよろしくお願いいたします。

(院長 40代 男性)

将来の開業の時にも忘れてはいけないこと

グループで討論することで、「どこを目標にすべきか」ということがわかったと同時に、同じグループのスタッフがどのように考えているかということもわかったことがよかったです。今後は自分の性格によって決めた限界を打ち破るべく、モチベーションをどんどん上げていきたいと思いました。また、100%のモチベーションを発揮して、人に何かを与え、社会に還元できるようなことを目標にできるような人になりたいと思いました。将来、開業する時もこの考えを忘れずにやっていきたいと思いました。

(歯科医師 30代 男性)

チームプレーができる指導に感謝

診療していると、一杯一杯になり、周りのスタッフの動きや医院全体を見る余裕がなくなってしまっていましたが、他のスタッフまで受け入れられるくらいのキャパシティーを持ちたいと思いました。そのためにも、アシストや清掃業務まで、何でもできるようになり、周囲から頼られ、相談されやすい存在になれるよう、いろいろな人とコミュニケーションをとっていきたいと思いました。医院全体でのチームプレーがうまくできるような指導をしてくださり、ありがとうございました。

(歯科医師 20代 女性)

自分にできることを全うします

学べば学ぶほど、自分の目指す「位置」はまだまだ遠いと感じましたが、それすらも受け入れて、自分にできることを全うしていきたいと思いました。今後は、自分に足りない必要な知識を学びつつ、得意なことを伸ばしていけたらいいなと思いました。今回の研修は、スタッフ一人一人の足りない部分について考える良い機会になったと思います。これをきっかけに、チーム一丸となって成長できるよう頑張ります!

(歯科衛生士 30代 女性)

与えられた仕事に喜びを持って

自分自身に対する客観的な意見も言っていただき、自分が思っていた以上に周りは自分のことを見てくれているなと思いました。客観的な意見を聞くと自分自身の考え方も変わるので、いい機会をいただきました。また、今以上を目指すには、現在の自分の状況としっかり向き合う必要があると、改めて実感しました。今の役職についても重く感じ、考えすぎていた部分もあるので、与えられた仕事を一つ一つ喜びに変えて取り組んでいけたら、また違う思考が生まれるかもしれないと思ったので、まずは自分が任せられた仕事に喜びを持つことを意識していきたいと思います。

(歯科衛生士 20代 女性)

成長する自分を楽しんで

時々、自分のことがわからなくなるのですが、今回の研修で、何となくではありますが、自分の考え方が理解できました。また、先輩スタッフに積極的に質問をしたり、見学をさせていただいたり、おすすめの勉強会などを教えていただいて受講したいと思います。いろいろな考え方がありますが、せっかくならば成長する自分を楽しんで仕事ができれば、人生もっと良い方向に変わっていくのではないかと思います。そして、この医院や社会に貢献できる人になるためには何をすればよいのか、自分の気持ちをどこに持っていけばよいのかということについて、考えたいと思います。

(歯科衛生士 20代 女性)

早朝練習で質と技術の向上に努めます

スタッフからの自身への評価を教わることで自身につながり、また、それによって自分がこれから何をすればよいのか、何を目指せばよいのかということが明確になりました。最終的には先輩のような人に教えられる人になりたいので、現在行っている早朝練習にも早めに来るようにして、しっかりと質を高め、技術を向上させたいと思います。

(歯科衛生士 20代 女性)

限界をつくるのではなく超える自分になりたい

今回の研修で、自分の中で限界を決めてしまっているということに気づきました。生活の中で失敗したことや不得意なことがあると、どうしてもそれを避けてしまってやらなくなり、私はここが限界なのだと決めつけてしまうところがありましたが、一度、自分の中で不得意なことや失敗してしまったことをリセットして、限界をつくるのではなく限界を超えていきたいと思いました。

(歯科衛生士 20代 女性)

医院全体のレベルアップのために

普段、自分ではできていると感じていることも、客観的に見てみるとできていないこともあり、それを知らされたことが今後の課題の一つだと思いました。また、自分の考え方や行動を、もう少し、意識する必要があると感じました。今の自分の立場をしっかりと自覚し、スタッフ全員が医院の発展に貢献できるようになれば、医院全体のレベルも上がり、心に余裕ができるのではないかと思いました。そうなれるよう、皆をフォローできる立場でありたいと思いました。

(歯科助手 40代 女性)

良い環境作りを目指して

環境によって起こす行動も変わるということがわかったので、自分自身を頑張れる環境に置くことが大事だと思いました。この医院の良い環境作りができるような雰囲気を作っていきたいと思います。また、これからは、自分自身の限界を自分で決めづけず、一生懸命頑張り、義務だと思わずに楽しんで仕事をしたいと思います。

(歯科助手・受付 20代 女性)

意識を高めて実践し、成長したい

まずは自分の考えを変えていかなければ自分のレベルアップにもつながらず、医院、スタッフ、患者様に返していくことができないと思ったので、自分自身の意識を高めて実践し、成長していきたいと思いました。自分で考え、行動し、時には相談しつつも目標に近づくことができればと思っています。

(歯科助手・受付 20代 女性)

気持の整理ができました

改めて、自分のいる位置がわかり、次の目標を見つけることができました。学校生活では現状に不満は感じていませんでしたが、この医院に来て、くやしい気持ちや焦りを感じました。今は、周りのスタッフに認められたいという気持が強く、その先に進むためにも練習をして成長し、この医院のために少しでも力になれればと、気持ちや考えに整理がつきました。

(実習生 20代 女性)

理由を知って気づくことができた

自分が思う現状と人から見た私の現状にギャップがあり、その理由を教えていただくことで、今の自分に足りていないことに気づくことができ、とても貴重な時間となりました。この結果を受け入れ、自分の過大評価を恥じるのではなく、反省を今後に活かし、自分を高めていきたいと感じました。

(実習生 20代 女性)

将来、役立つ人になるために努力します

今回の研修で、患者様に対応する時の言葉の使い方で誤っているものがあることに気づくことができました。ディスカッションでは皆さんの意見も聞くことができたので、自身のモチベーションも上がりました。また、自分のことを理解し、分析する機会はなかなかないので、これを機に、自分と向き合う時間を作りたいと思いました。これからのビジョンを明確にし、将来、皆のために、皆の役に立てる人になります。そのために、今からしっかり努力したいと思います。

(実習生 20代 女性)

歯科衛生士として働く時には

今回の研修では、意見を交換しながら学べ、一人一人、違う考え方があるということに気付くことができ、とても良かったです。学校でしっかり勉強し、臨床実習で学んだことを頭に入れ、歯科衛生士として働く時には、今回の研修で学んだことを思い出して、仕事をしていけたらと感じました。

(実習生 10代 女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院接遇研修(東京)

開催日:2018年12月2日

そのときに必要な提案をもらえる研修です

今後 新しいスタッフが入ったら、私から"経営理念"をしっかり伝え、ミーティングでも常に"理念"を意識して伝えていこうと思います。
いつもありがとうございます。以前も理念のお話をしていただきましたが、今回は違う方向から必要だったと思います。
いつも必要な提案をありがとうございます。

(院長 50代 男性)

日々を振り返り反省する機会となりました

診療の時の振り返りでは動画を見せていただき、もう少し患者様との目線を合わせる時間を意識したいと思いました。ペンの渡し方も勉強になりました。
経営理念の学びでは、悩んだとき、迷ったときはここに立ち戻ることを忘れないようにしたいと思います。
今日の研修を通して、日々の診療姿勢や診療中の気持ちを振り返り、反省し、生かす機会をいただきました。
目標をもつことの大切さを改めて感じました。大きな目線で日々を過ごしていきたいと思います。

(歯科医師 30代 女性)

経営理念について改めて見直しました

経営理念を話していましたが、個人で働いているわけではなく、歯科の一員として仕事をしていることをさらに気づいて意識しました。
経営理念についてここまで考えたことがなかったので、改めて見直す良い機会となりました。

(歯科衛生士 30代 女性)

朝礼の目的を学びました

歯科経営理念もただ言っているだけではなく、何のための朝礼なのかと言うことを今日学ばせていただきました。
普段、ここまで経営理念を深く考えていなかったので、みんなで考える機会があって良かったと思いました。

(歯科衛生士 30代 女性)

経営理念唱和の必要性、大切さが分かりました

経営理念とはどういうものなのかが分かりました。経営理念をもとに経営戦略、ビジョンをイメージするためにも、理念をみんなで唱和する必要性、大切さが分かりました。
今回、歯科の経営理念をより具体的に、どういう意味なのか話し合い、まとめたので、これを頭に入れ、意味を理解し、日々の診療にあたるようにしたいです。
研修中、難しい言葉が出てきても、掘り下げて説明してもらえるのでとても分かりやすいです。悪いところだけ指摘しないで良いところも褒めてもらえるので嬉しいです。

(歯科衛生士 20代 女性)

自分の立場ですべきことを考えさせられました

経営理念、2日に一度、朝礼で唱和していますが、掘り下げて考えたことがなかったので、ただ読み上げているだけだったということ、働いている者として知らなければならないこと、自分自身がこれに則って行動できているのか、ということを改めて感じました。当院の中で歯科助手兼受付という立場で自分が日々の診療の中で何が行えているのかを考えさせられました。

(受付兼歯科助手 30代 女性)

患者様への接し方やあり方がよく分かりました

今まで深く考えてこなかった経営理念について細かく分析すると、こんなにも色々なことが見えてくるということに驚きました。
表面だけでは見えてこない、歯科について、患者様への接し方、もっと言うと日本全体的なところまで見えました。
経営理念で掘り下げてみると、患者様への接し方、あり方がよく分かったので、今後に生かしていきたいです。

(受付兼歯科助手 20代 女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月
« 前   次 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2018年12月
« 前   次 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31