月別アーカイブ 2017年8月

エステサロン 接遇研修 (大阪府)

丁寧に話すこと

日本語の難しさを知ると、日本語をていねいに使えるときれいな言葉なんだと思いました。ゆっくりていねいに伝えることを気にしていましたが、学んでいかなくてはとさらに反省。そして蒲ヶ原先生の言葉がいつもわかりやすく心地よく、耳に入る意味もわかりました。(代表 40代 女性)

接遇で成長できたら・・・

敬語を理解しておらず、今まで二重敬語やコンビニ言葉を正しい言葉と思い込み、平気でお客様に使っていたことを大変恥ずかしく感じました。初回のお客様へのカウンセリングももっと丁寧な対応でカウンセリングをします。 (接客 40代 女性)

お客様に喜んでいただけるサロンに!

言葉づかい、カルテのご案内などきちんと教えてただき勉強になりました。お客様に喜んでいただけるサロンを目指して本日学んだ事を繰り返し復習しながら自分のものにできるように努力していきたいと思います。                (エステティシャン 40代  女性)

かっこいい大人になれるように。

今まで日常で使っていた言葉の中に、間違っていた言葉や使い方などがある事に気が付きました。一語一語を大切にし、だれに対してどういう敬語で表現していくかを自ら考え口に出して行こうと思いました。今までの自分より大人になった気持ちです。かっこいい大人になれるよう頑張ります!                    (エステティシャン 20代  女性)

 カルテは「宝もの」

限られた時間内で早くご案内やお手入れをすることに意識を持ちすぎていたと思います。問診カルテに関しては「宝もの」であると意識を持つことを始めようと思います。お客様の教育をできるように少しずつ始めていきたいです。         (エステティシャン 40代  女性)

貴重な気づきをいただきました。

敬語の種類もこんなにあるのは知らなかったので、使い分けがあいまいになっていました。その時の状況にあった美しい言葉で話せるよう日常から意識して、声、文章にしていきたいと思います。悩まずにサラッと美しく話せる女性になりたいです。  (アシスタント 40代 女性)

高みを目指して

言葉使いを正しくすることによって人間関係、仕事がスムーズに進めることが出来ることを学びました。自分がいくらのものを売っているのか意識し、何を大事にしているのかをお客様に伝え、お客様に選んでいただけるサロンに高みを目指し、精進していきます。(業務 50代 女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年8月
« 前   次 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31