歯科医院接遇研修 (神奈川県)

実施日:2016年9月4日

先生の教えを医院の方向性に同調させてパワーアップ

自分が一番にできていなければ自分以外のメンバーができないのは当たり前だということに気づきました。自分も、蒲ケ原先生のおっしゃっていた内容と同様に、世の中の人の常識を我々が知らないことが多いと常々考えておりました。蒲ケ原先生の考えを医院の方向性に同調させていけることでパワーアップできることを期待します。

(歯科医師 男性)

共に成長できるチームワークを育みたい

受付として医院の顔なのだという意識を高く持ち、受付のプロという気持ちも常に念頭に置きながら毎日を過ごしていきたいです。そして、個人個人、立場は違えどそれぞれを認め合い、尊敬し合い、支え合い、共に成長していけるようなチームワークを育んでいきたいです。

(受付 女性)

接客を超え、接遇までしっかりできるように

今回の研修に参加して気づいた点は、自分のプロ意識の低さだと思います。今まで歯科衛生士としての、技術を上げることだけが大切だと思っていましたが技術力はもちろん、立ち振る舞いや言葉遣いも気にかける必要があるのだと、本日のお話を聞いて思いました。スタッフ同士にも気をつける必要があるのだということにも気づきました。接遇は業者の方だけでなくスタッフの間でもできていると、お互いに気持ちよく、トラブルも少なく仕事できるとも思いました。接客を超えて接遇までしっかりとできるようになりたいと思います。

(歯科衛生士 女性)

納期と品質にこだわり、利益をあげる意識を

反省点として、歯科医院といっても利益を生み出さなくてはならない会社なんだということを、日々の診療の中で忘れてしまっていたことなので常に頭に刻んでおきたいと思いました。また、仕事の納期と品質に特にこだわっていきたいと思いました。自分の所属する医院の利益を上げる、守るという、今まで意識しなかったところを真剣に考え、自分の技術も向上させたいと思います。

(歯科衛生士 女性)