月別アーカイブ 2016年9月

歯科医院 接遇研修(東京)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院 接遇研修(神奈川)

実施日:2016年9月4日

先生の教えを医院の方向性に同調させてパワーアップ

自分が一番にできていなければ自分以外のメンバーができないのは当たり前だということに気づきました。自分も、蒲ケ原先生のおっしゃっていた内容と同様に、世の中の人の常識を我々が知らないことが多いと常々考えておりました。蒲ケ原先生の考えを医院の方向性に同調させていけることでパワーアップできることを期待します。

(歯科医師 男性)

共に成長できるチームワークを育みたい

受付として医院の顔なのだという意識を高く持ち、受付のプロという気持ちも常に念頭に置きながら毎日を過ごしていきたいです。そして、個人個人、立場は違えどそれぞれを認め合い、尊敬し合い、支え合い、共に成長していけるようなチームワークを育んでいきたいです。

(受付 女性)

接客を超え、接遇までしっかりできるように

今回の研修に参加して気づいた点は、自分のプロ意識の低さだと思います。今まで歯科衛生士としての、技術を上げることだけが大切だと思っていましたが技術力はもちろん、立ち振る舞いや言葉遣いも気にかける必要があるのだと、本日のお話を聞いて思いました。スタッフ同士にも気をつける必要があるのだということにも気づきました。接遇は業者の方だけでなくスタッフの間でもできていると、お互いに気持ちよく、トラブルも少なく仕事できるとも思いました。接客を超えて接遇までしっかりとできるようになりたいと思います。

(歯科衛生士 女性)

納期と品質にこだわり、利益をあげる意識を

反省点として、歯科医院といっても利益を生み出さなくてはならない会社なんだということを、日々の診療の中で忘れてしまっていたことなので常に頭に刻んでおきたいと思いました。また、仕事の納期と品質に特にこだわっていきたいと思いました。自分の所属する医院の利益を上げる、守るという、今まで意識しなかったところを真剣に考え、自分の技術も向上させたいと思います。

(歯科衛生士 女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院 接遇研修(神奈川)

開催日:2016年9月4日

先生との出逢いに感謝

いつどこで誰に見られてもいいように、普段から姿勢や立ち振る舞いに気をつけたいと思います。今日学んだ言葉遣い・姿勢・お辞儀・笑顔が自然とできるように、明日から意識して生活したいと思います。関わる全ての人に感動を与えられるような医院を目指していきたいと思います。先生との出逢いに感謝いたします。

(歯科医師 女性)

患者様の心を動かせるよな接遇が目標

まず、「接客」について見直す必要があると考えました。患者様がお金を支払い、医院に利益が生まれることで成り立っているので、一分一秒を大切に考えて働くべきだと思いました。その上で、患者様が求めるもの以上のことに気がつける、心を動かせるような接遇 ”おもてなし" をし、患者様が他の方に思わず紹介したくなるような接し方を身につけていきたいと思います。日本一の歯医者になれるよう、一人一人が社会人として、医院のプロである事を自覚して現状に満足せず、よりよくしていく意識を持ち行動していくことができるよう皆で頑張っていきたいと思います。

(歯科助手 女性)

閉鎖的になりがちだからこそ必要な研修でした

同業同士でのつきあいが多く、外部からの視点が持ちにくく、閉鎖的で独善的な判断になりがちなので、今回の研修はとても刺激になり、反省しなければならない点が多々見つかりました。今後は、各パート、受付、助手、歯科衛生士、歯科医師が対等に重要視して、より豊かなチーム作りをしていかなければならないと痛切に感じました。社会人として本来身につけていて当然と存じましたので、医院全体で勉強していかなければならない事項でだと思いました。

(歯科医師 男性)

患者様に心地よく帰っていただきたい

今後の目標は、私を含め全てのスタッフが、接遇の意識をしっかり持ち、医院全体の接遇レベルを高いもので維持していくことです。そのためには、まず、自分がきちんと実践できていなければ周りのスタッフの状態を客観的に見ることができず、もし間違っていた時に指摘できないので、日々意識をしっかり持ち、患者様や医院に関わる全ての人々が、心地よい気持ちで来ていただき、またいらっしゃってくださるようにしていきたいです。もっと勉強しなくてはと思いました。

女性)

心のこもった接遇を

今までは自分の技術ばかりを意識していましたが、患者様はそれぞれのプロとして歯科に来てくださっていて、私たちでは気づかない目線から歯科を見ているんだと気づかされました。どんな患者様の目線から見ても、素晴らしい歯科だと思っていただけるよう、心のこもった接遇を提供していけたらと思います。プロとしてお金をもらって仕事をしている以上、会社の理念を理解し、しっかりとした受け答えができるよう心がけ、一つ一つの仕事を丁寧に行います。

(女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院 接遇研修(神奈川県)

開催日:2016年9月4日

医院全体での意識統一ができました

接遇と接客の違いから、お辞儀の仕方、角度、ロールプレイより受付、営業時の対応など、皆で一緒に受講できたことで意識の統一もはかることができ、本当に有意義な時間となりました。蒲ヶ原先生と各医院の状況や個々への対応を相談できたので、各院長、チーフとも連携を取り、しっかりと落とし込みができるような環境作りを目指していきます。

(歯科医師 男性)

外部からの意見として伝わりました

医院全体で研修にに参加し、先生から仕事への向き合い方の話をしていたたいたことで、外からの意見としてよりみんなの心に伝わった。
全体が高い意識を持ち、たくさんの患者様からより愛される歯科医院に成長できるよう、皆のモチベーションUPがはかれるよう向き合っていきたいと思います。
今回の研修をきっかけに、みんなの意識が少しずつでも接遇に向くよう、そして患者様に対してだけでなくスタッフ間でも思いやりを持ったチームに成長していきたいと思います。

(本部スタッフ 女性)

おもてなしを患者様やスタッフに

今回の研修を通して、色々な事に気づかされました。日本の良いところや心のこもった真心のおもてなしがあるのだと思いました。言葉に出さなくても、お辞儀をする前後に相手の目を見てアイコンタクトを取ることは、「ありがとうございます」や「よろしくお願い致します」の意だと思います。形だけにとらわれるのではなく、目や心と心のコンタクトができればと思いました。
一つ一つの仕事を丁寧に、かつ、患者様にだけでなく共に働くスタッフにも対応できるように気をつけて行動していこうと思います。

(事務スタッフ 女性)

常に見られている意識を持って

今日の接遇研修を受けて、自分がプロとして仕事場にいないのではないかと痛感しました。マスクやグローブを着けたまま患者様と会話をし、立ち姿勢についても、いつでも見られている意識を持って気をつけていきたいと思います。自分が治療を行うにあたっての目標が「患者様に笑顔になってもらう」なので、これからはスタッフや業者の方にも笑顔になってもらえるようにしていきたいです。

(歯科医師 男性)

研修の日だけで終わらせず習慣にしたい

「接遇と接客」研修の時やその後数日は意識をしてできていても、何日後かには行動に表せていないことがあります。忙しいなどの自分の都合は関係ないということに改めて気付きました。私は人見知りをしてしまいますが、それは自分だけの問題なので、相手の方が聞こえやすい声のトーンや早さなどを心がけて思いやりを持った対応をしていきたいと思います。

(歯科医師 女性)

接遇の意味を知り、その大切さを意識していきます

接遇と接客。まずこの二つの意味を何となく、ぼんやりとしか捉えておらず、その状況のまま仕事をしていたことが私の大きな反省すべき点です。中途半端な意識で仕事をすれば、同じ空間を共にする人達、電話の相手、自分に関わる人達全てに対し、中途半端な接客や接遇をしてしまうことになります。丁寧な言葉遣いに関しても、自然に発し、臨機応変に使う難しさを改めて知りました。接遇の意味を知った今、常に接遇の大切さを意識して業務を行っていきたいと思います。

(マネージャー 女性)

意識の甘さを痛感しました

普段から仕事に対して自分なりにプロとして意識を持って診療業務に取り組んでいるつもりでしたが、蒲ヶ原先生の研修を受けて、自分の意識の甘さを痛感しました。忙しい時は、患者様のイメージがマイナスになるような荒い雑な行動をとっていることがあったことを反省しました。先生がお話ししてくださった「腐ったミカン」の話も共感いたしました。以前の自分も責任感や使命感に燃えて、空回りしていた時期があったのでとても心に響きました。

(歯科助手 女性)

紹介での来院があることのすごさがわかった

受付は来院された患者様を最初に応対する場所です。待合室からもすぐ見える場所にあります。患者様が不快な思いをしないよう、今まで以上に目配りや気配りを日々意識し、受付メンバーでも共有していきたいです。また、カウンセリングをしていると知人からの紹介という方を目にすることがありましたが、正直、今まではそこまで気にとめることがありませんでした。しかし、今日の研修を受け、それがどれだけすごいことか、大切なことかを知ることができました。

(受付 女性)

No.1の歯科医院を目指します

かまちゃん先生の研修に参加させていただき、「私に関わる全ての人を笑顔にしたい」という言葉が大きく心に残りました。一日に何人もの患者様が来院されますが、皆様へ心のこもったおもてなしをし、患者様が何をしてほしいのかを顔の表情、行動などから読み取り、先の行動をしていきたいと思いました。そして新規の患者様を呼び込むため、良い口コミが広がるようなおもてなしサービスを提供できるように日々考え行動していきたいと思います。一緒に働くチームメンバーを大切にし、学んだことを共有し、No.1の歯科医院を目指していきたいです。

(受付 女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加