月別アーカイブ 2020年06月

基礎基本が出来ているから応用が利く!

今まで指導してきた歯科医院さんの数が
もうすぐ100軒を数えようとしています。

その今までの指導歯科医院の中でも
おもてなし力の素晴らしい受付さん。
私の記憶に残る中でも、3本の指に入るかもしれません。

バックヤードの綺麗さ清潔さでも1位か?2位か?


チェアチェンジの清潔管理でも丁寧に拭きあげるの
1位か?2位か?

ほめすぎじゃなくて、事実です。

その一言が
その一手間が
その、いちいちいちいち患者様に寄り添う行為が
抜群に心地よいのです。

書ききれないけれど、
予約の取り方、声の掛け方、
全患者様の特徴を捉え、しっかりと個別に対応できる
こんな人、うちにも欲しい、と思えるような、
素晴らしい人材。

結論
整理整頓出来ている所には素晴らしい人がいる。

---

午後のフィードバッグ研修は
衝立の前で立って話す、この違和感を感じながら
みんなこんな苦労の中で働いているんだと
感じながら研修させていただきました。

早く、安心できる環境になりますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人が集まる歯科医院

院内は七夕まつり。
みんな可愛い願い事を書いています。
あ、私も書くの忘れてた。

新人衛生士がこの4月に4人も入社しました。
世間では、人が足りないって言うけど
集まる所には、集まります。
働きたい職場になっています。
毎年入社する人のレベルも上がっています。

院長がコツコツコツコツ積み上げてきた
人財育成の賜物です。
凡事徹底、これしかないです。

社風、風土、を作る
これは、院内に流れる空気感と同じ。

このためには
人財育成は欠かせないですね。
しかも
一瞬で出来るものではなく
小さな積み重ねが
大切だと、

素晴らしい歯科医院に
訪問するたびに
しみじみと感じます。

いつも、素晴らしい皆様とお仕事させていただき
感謝です!
ありがとうございます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱりオフラインがいい!

5月末から少しずつ戻りつつある現場の研修。
本日は、新しい出逢いの皆様と学びの時間を共有しました。

素直で真っ直ぐにスポンジのように吸収!
言ったら響く!とは、この事ですね。
気持ち良いくらい、最後はバチンッと決めてくれました!

接遇研修って…
マナー研修って思われがちですが、
受講してくださった皆様にしか味わえない、
貴重な体験を初回の研修で体験していただきました!

みんなのフックがかかりましたね。
見事なくらいのチームワークとパワーでした。
明日の現場の視察とフィードバックも楽しみです!

皆様!お疲れ様でした。
これからもよろしくお願いいたします!
共に学び人生の質を向上させましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「歯科医院にビジネスマナーは必要なのか」

皆様からよく言われるのは
「接遇の先生って怖いと思っていた」
「厳しく怒られると思っていました」
「接遇とかマナーとかのイメージが変わりました」
「楽しかったです。すぐに実践します」
研修後、このような声を多くいただきます。
これから鑑みても、
世間一般の接遇やマナーに関してのイメージは
相当厳しいものと捉えていることがわかります。

では、表題「歯科医院にビジネスマナーは必要なのか?」です。

答えは、必要です。
ただし、補足として付け加えないといけないことがあります。
「両足を揃えて両手を丹田の前に組み
35度の敬礼で患者様にご挨拶をする」
「美しい敬語で患者様に話しかけなければならない」
このように、
きちんと形どおりのことをしないといけないのかと問われると
答えはNOです。

マナーとは、礼儀作法のことをいいます。
礼儀作法とはある一定の形をとることで
相手に与える印象や心証を良くするための手段です。

そう考えると、マナーを身に付け実践することが、
患者応対時に良い印象与える、
もしくは良好な人間関係を作るためには良い手段だといえます。
しかし、それだけの感覚でいると
「あんなことをしてはいけない」
「これはマナー違反ではないだろうか」などの制限がかけられ、
結果堅苦しい行動しか取れません。
雁字搦めになって、
相手の気持ちに寄り添うことを忘れてしまっては、
せっかく身につけたマナーも台無しです。

しかし、なぜマナーを学ぶ必要があるのか?
そこには大切な要因があります。
それは、基礎を知り意識的に実践を繰り返し、
無意識に落とし込むことが必要で、
無意識のレベルで行動が取れると言う事は、
習慣化できたに等しいのです。
そうなると、どのような場面でも臨機応変に応対する力がつきます。
そうです、基本の形を体で覚えると
応用として様々な場面で判断基準を持てることになるからです。

ここに「接遇」の要素をプラスすることがとても大切です。
「接遇」とは一言で言うと「おもてなし」です。
おもてなしとは「相手を思いやる」こと、
思いやりとは、「相手の立場に立って考えること」
「一歩先の行動言動をとること」です。
(ここで、接遇は接客と違うことを理解しなければなりません。
また後日詳しくお話しします。)

患者来院時に行う挨拶一つとっても、
相手が10人いたら10通りに応対が必要なのです。
医院での患者対応時の挨拶に、
お辞儀の角度に気をつける必要性はなくなります。
成人、子供、ご高齢の方、そしてその時の状況により
挨拶を変え対応する能力が必要です。
ただしそれは、基本の形を知った上で
形式的な綺麗な挨拶をすることから、
応用力を効かせて相手に寄り添い思いやりのある挨拶へと
変化させる能力が必要になってくるのです。

基本を習得することで応用力を発揮できます。
様々な実践を通しすべては人間力の向上へとつながります。
必要なのは人間力です。

「歯科医院に必要なのは人間力です」

*********

【お礼】
6月14日ニッチの会のオンラインセミナーに
ご参加してくださりありがとうございました。
「スタッフは思う通りに動かない」と題して
講話をさせていただきました。
人に関わる大事な事を3つお伝えしましたが、
人の問題は奥深く、答えは一つではなく無限です。

その前に!!
ここ、ニッチの会での発信は、
初級編から書いて参ります。

次回(来週月曜)の担当は
「お掃除界のマッチョな神様」の西川さんです。

ちなみに!!
6月28日のニッチの会のセミナーには
もう申込みをされましたか?
ニッチの会に参加したい、
興味を持っている方には見逃せないセミナーなので
早く申し込んでくださいね。

お申し込みはこちらからお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッチの会 オンラインセミナー on zoom

昨夜はニッチの会のミーティング。
いつも熱く語り盛り上がる、そして真面目!
2時間は優に超える濃密な時間!!

そんなニッチの会のメンバーで、オンラインセミナーします。
(申し込みフォームはこちらから)

【特典あり】
6月14日 ニッチの会セミナー2本立て
*「お掃除でできる感染予防対策」
株式会社ケイズクリーン 西川弘一
*「スタッフは思い通りに動かない」
株式会社アンドスマイル 蒲ケ原裕子

【開催時間】
6月14日 20:00〜21:30 (zoomオンライン)

【参加特典】
さらに、2 DAYS参加特典として、株式会社ケイズクリーンから
「お掃除マニュアル(全50ページ)」をプレゼント

私たち、ニッチの会は
歯科の若手経営者を応援します!

①歯科受診率を高める
②未来の地域医療を担う若手歯科医師を応援する

を掲げて活動していきます。

まだ目指す方向は漠然としていますが、
「地域医療に貢献したい」
「歯科医師として院長として自分を高めていきたい」と
お考えの方(開業前の方も含む)なら
全力で応援させていただきます。

あれ?私でも参加できる??と、少しでも迷った先生方、
まずはご連絡ください。

そんなガチガチな年齢制限もありません。
私たちは純粋に
「明るい歯科業界の未来に共に学び共に成長する仲間」として
応援してまいります!!

セミナーについての詳細はこちらをご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
古い投稿ページへ