月別アーカイブ 2019年07月

組織を作らないといけないのですか?

組織を作らないといけないのですか?
うちは、院長以下みんなが仲良くて一緒のラインなのです。

そんな質問をいただくことがあります。
私の答えは「はい」です。

医院で働いていても、そこはチームであり、
組織であり、企業である。
その中で患者様が来られて
みんなでそれぞれの責任ある仕事をすることで役目を果たす。

私は研修中によく、プロ野球の話をします。
一発逆転優勝の時にどう動くのか。
チームで動いているのであればプロであれば、
必然の動きがあるはずです。
それとよく似た状況です。
プロとして仕事をすることにおいて戦略がある。

リーダーとなれば、役割や仕事が多くなる。
しかし、それを一人で仕事をたくさんしているように感じる
自分だけが仕事をしていると感じるとしたら…
すでにそのリーダーの考えや動きは、
それはチームとして組織としてのリーダーの役割から外れています。

難しですよね。
現場は忙しい、やらないといけないことは目に見えて多く感じる。

しかし…
チームとして動くのであれば、
役割は何なのかを常に意識していなければなりません。
リーダーは、医院が患者様に選んでいただけるようにする。
医療理念・企業理念・院長理念といったところに向かって
組織を動かしているフォロー的存在です。
そして、リーダーは、
チームとして成り立つスタッフの育成をすることです。

もっと柔らかい表現をするとするならば、
良い空気感を作り、周りを巻き込む影響力を持つことでしょう。
自分の手柄にすることではなく、
チーム全体でことが運び成功するように、
それぞれのメンバーの役割が貢献できるようにと
動かせる人がリーダーとして立つ組織があると、
医療でいうチーム「組織」が必然的に作られるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加